albio.jp

広島・岡山・山口・鳥取・島根エリア

アルビオ・ガーデン福山東町

親世帯と子世帯がそれぞれの暮らしを楽しみ、
程よい距離を保ちながら近くに暮らすことです。
最近、同居ではなく「近居」を選ばれる方が増えています。
昔は「同居」が主流でしたが、今の時代は夫婦共働きをする
子ども世帯も多く、親世帯とは生活リズムが異なります。
親子のライフスタイルに合わせて
「近居」という暮らし方を選択する家族が増えています。

片道15分未満の場所に親世帯と子世帯が住んでいる場合を「近居」と考えると、国の調査データでは20%を超える人が「近居」していることがわかりました。

「車で10分のほど近い距離で暮らしています。
夫婦共働きなので、近くに親世帯がいるのはありがたいです。
急に子どもが熱を出し私が迎えに行けない時など
すごく助かっていますし、
たまには夕食のおすそ分けなどもあります。
子育ての先輩として、子どもの悩みや不安なども相談でき、
休日はみんなで夕食を一緒に食べているので、
子どもも両親も楽しそうに過ごすことができ、
私も心の余裕ができました。
両親も高齢なので何かと私も手伝っていますね。
例えば病院の送り迎えや重たいものを運んだり電球変えたりと。
子どもたちも両親も喜んでくれています。」

「同居していると、なにかにつけて気になっていましたが、
この程よい距離で娘ともいい関係が築けています。
孫が日に日に成長する姿を近くで見れて嬉しいですね。
孫の入学式や運動会、誕生日などイベントも一緒に
参加できるのも私の生きがいのひとつになっていますね。
夕食などもついつい作りすぎてよく娘が仕事帰りに
取りに来るようになりました。
今はまだ元気だけど、何かあった時に近くに
住んでくれているので、安心ですし頼りになります。
この程よい関係が心地いいです。」

※写真は人物のイメージ写真を含みます。